釣りがオリンピック競技になったのは一度だけ!種目として選ばれない理由


キャッチアンドリリースを定義するルアーフィッシングを「スポーツ」と定義するならば世界中の釣りマニアが望むオリンピックの種目に釣りがあっても全く不思議ではない。歴史を振り返ると過去には一度だけオリンピックの競技種目として開催された経緯がある。ではなぜそれ以降はなくなってしまったのか、これからの東京オリンピックでも復活はされない…。その決定的な理由とは…。

釣りが種目にあった1900年パリオリンピック

釣りがたった一度だけオリンピックの競技種目になったことがあるのが1900年に行われたパリ五輪大会でした。

競技規定は2日間にわたって釣りをして、その間の釣った魚の数で競うというものだったらしいですが、どうやら非公式の協議だったらしくて、誰が優勝したのか、どこの国の誰が参戦していたのかもはっきりとした記録は残されていませんでした。

非公式協議というのも、そのれもそのはずこのパリ五輪時には同じく同時期にパリで行われた「万博」との同時開催とのこともあり、客を惹きつけるための「売りネタ」にされたという説があります。それこそ”釣り文句”です(苦笑)

東京オリンピックでは議案に上ったことも…

東京オリンピックの開催にあたっては、一度は釣りが競技種目の中に含まれる案が持ちあがっていたそうです。

持ち上がった…はいそうれだけでした。

釣り種目よりも、結果的にサーフィンが選ばれました。その理由は圧倒的に「一般人を惹きつける」という理由かららしい。

そう考えるとやっぱりまだまだ釣りって、どこかオタクというか…やぼったいダサいイメージの方が強くて釣りがカッコいいスポーツというイメージからはかけ離れているのが現状のようです。

選ばれない決定的理由

釣りが競技種目に選ばれない最もたる理由は、釣りのターゲットが「魚」という生き物に限らているから、オリンピックの精神に反するとの見方が有力です。

かつて射撃のターゲットは”生きた鳩”だったこともあったそうですが、考えてみてください食べるための殺傷と、ゲームやスポーツとしての殺傷…。いろいろな価値観や宗教上の問題が交錯するオリンピックの競技においていちばん難しい課題なのです。

だから釣りがオリンピックの議題にあがるときには、投げて距離を競う「キャスティング」が無難だといわれています。しかし現実にはその他の人気度や知名度で現実に開催までには至っていません。

参考資料
【楽釣】釣りはスポーツ!って言いたいだけどホントのとこどうなん?

スポーツとしての釣りを楽しむためのマナーとルール

釣りのマナーとルール画像
釣りには様々な種類があり、場所や対象となる魚によって分類されています。
幅広い年齢層に人気があるのがルアーフィッシングです。ルアーフィッシングは疑似餌を使った釣りの手法で、生きたエサを使った釣りよりもシンプルな仕掛けが特徴になっています。

初心者の場合、まず覚える必要があることがルールとマナーです。釣り場は公共の場なので、皆が楽しめるように配慮を怠らないようにすべきです。地元の人に迷惑をかけないように、必ずゴミ袋を持参して自分のゴミは自分で持ち帰りことはもちろんのこと。

安全面では船上でも防波堤でもライフベストは必需品になります。着衣のまま水の中に落ちてしまうと危険なので必ずライフベストを着用して出かけましょう。

一般的に持ち帰らない魚はリリースします。リリースというのは魚を放流することです。持ち帰らない魚だけでなく、小さな稚魚もできるだけリリースするように心がけます。乱獲を避けることで、釣り場の環境を壊さずに済みます。海や湖、川では漁業権が設定されているケースが多いです。有料の場合は、必ずお金を払って魚を釣るようにしましょう。

最近は立ち入り禁止区域も増えているので、禁止されているエリアには入らないように。
車で釣り場に行く人も多いですが、駐車場は事前に調べておき私有地には駐車しないように気をつけましょう。

スポーツフィッシングをしている人は誤解されているという事実

スポーツフィッシング画像
日本から見てアメリカでスポーツフィッシングやルアーフィッシングをしている人は富裕層のエリート集団で、カジキやクロマグロといった魚を釣っては穴に掘って捨てたりしていると言われています。

またカジキやクロマグロが日本で高く売れるとわかってからは、スポーツフィッシングで釣ったカジキやクロマグロを日本に高く売りつけようとしていると考えている人もいると言われています。ですがこれはどれも誤解で、まずスポーツフィッシングはアメリカであっても富裕層のスポーツでは無くレジャーとしての釣り全体を指してスポーツフィッシングと言われていて、一般層においても楽しまれているスポーツです。釣った魚を穴に埋めて捨てるという行為は80年前から100年前程に少し行われていた事は事実ですが、現在では貴重な資源に対してそのような扱いをするという事はまずありません。

釣りで釣ったカジキやクロマグロを高く売りつけるという行為は違法行為で、スポーツフィッシングやルアーフィッシングを楽しんでいる人の場合リリースする事が多いですし、普通の釣りであっても売らずに持ち帰るのが一般的です。
このようにスポーツフィッシングやルアーフィッシングは様々な点で誤解されていますが、実際には多くの一般層に愛されているフィッシングで、また守るべきマナーはしっかりと守って行われているのが現状です。

キャッチ&リリースって結局どういう意味?どっちが魚にいいの?

魚釣り画像
ルアーフィッシングを楽しむ上で耳にする機会が多く、釣りを始めた方が早い段階で身に付けるルールや専門用語としてあるのがキャッチ&リリースです。キャッチ&リリースは名称通りルアーフィッシングでルアーに食い付き、釣り上げてキャッチした魚を再び釣り上げた場所に戻す行為を指します。

こうしたキャッチ&リリースはルアーフィッシングを楽しむ機会が多い方ほど自然に行っていますが、釣りを始めて間もない方や興味関心が無い方にとっては逐一意識を向ける行為でもあります。
その理由は2つあり、1つ目は長い時間をかけて水中にルアーを入れて魚が食い付くまで待機していたのにも関わらず、釣り上げた魚をすぐに戻してしまう様子です。

2つ目は、針が魚の体内に接触し人間が手で触れた後は調理して口にした方が良いという考え方を持っている方も居る事です。
このようなキャッチ&リリースを巡っては自然環境や魚の生態、釣り人と魚の数の比率を考えると釣り上げた後にリリースした方が自然生態系を乱す心配が無いのが実情です。

しかも、年月の経過と共に個体数が減少傾向にある種類も少なくないので、釣った後は10秒間を目安としてできるだけ迅速にルアーから外してリリースしましょう。

釣りをゲームとする人達のエゴイズムと自己満足

ゲームフィッシング画像
日本は釣り好きが多い国ですが、最近は釣りをゲームのように考えている若者が増えています。人気が高いブラックバス釣りは、リリースを前提としたゲームフィッシングです。自分の欲望のために釣りを行う行為を自己満足だと批判する人もいます。
疑似餌を使うルアーフィッシングは魚との駆け引きを楽しめます。

エサを使わないので、対象となる魚の生態や習性をよく理解したうえでルアーを選択します。ゲーム性が高いルーフィッシングですが、最低限のルールを守る必要があります。淡水のルアーフィッシングの王道がブラックバスです。

一時は大ブームになりましたが、最近では釣り禁止エリアやリリース禁止エリアが増えています。長く釣りを楽しむためにも、ルールは必ず守って釣りを楽しむのが基本です。ゲームフィッシングは、食べる分だけの魚を釣る昔ながらのフィッシングとは世界が違います。食べることを目的にしないゲームフィッシングに罪の意識を感じる人もいますが、全く罪の意識を感じない人も存在します。ルアーフィッシングが趣味なのに罪の意識に苛まれる人は、堂々巡りを続けがちです。日本ではゲームと自己満足、エゴの世界に入りこみ自己矛盾に悩む人も増えています。リリース前提の場合、返しのない針を使う人が多いです。魚にとって針はダメージになるので、魚の命を重視するのであればできるだけ大切に取り扱ってあげることが重要になります。