スポーツとしての釣りを楽しむためのマナーとルール

釣りのマナーとルール画像
釣りには様々な種類があり、場所や対象となる魚によって分類されています。
幅広い年齢層に人気があるのがルアーフィッシングです。ルアーフィッシングは疑似餌を使った釣りの手法で、生きたエサを使った釣りよりもシンプルな仕掛けが特徴になっています。

初心者の場合、まず覚える必要があることがルールとマナーです。釣り場は公共の場なので、皆が楽しめるように配慮を怠らないようにすべきです。地元の人に迷惑をかけないように、必ずゴミ袋を持参して自分のゴミは自分で持ち帰りことはもちろんのこと。

安全面では船上でも防波堤でもライフベストは必需品になります。着衣のまま水の中に落ちてしまうと危険なので必ずライフベストを着用して出かけましょう。

一般的に持ち帰らない魚はリリースします。リリースというのは魚を放流することです。持ち帰らない魚だけでなく、小さな稚魚もできるだけリリースするように心がけます。乱獲を避けることで、釣り場の環境を壊さずに済みます。海や湖、川では漁業権が設定されているケースが多いです。有料の場合は、必ずお金を払って魚を釣るようにしましょう。

最近は立ち入り禁止区域も増えているので、禁止されているエリアには入らないように。
車で釣り場に行く人も多いですが、駐車場は事前に調べておき私有地には駐車しないように気をつけましょう。